東工大トップへ 未来産業技術研究所へ 電気電子系へ


 

東京工業大学の教育改革および研究所再編に伴い,2016年4月より沖野研究室は科学技術創成研究院 未来産業技術研究所に所属し,学部は電気電子工学科,大学院は電気電子系のライフエンジニアリングコースおよび電気電子コースの学生を受け入れています。

沖野研究室では,沖野准教授が学生時代の1989年から25年以上にわたって大気圧プラズマ装置の開発と各種の応用研究をしてきました。現在の主な応用分野は,医療,分析,環境,材料です。沖野研では,最先端の研究を行うだけでなく,研究室の学生をはじめとした若手の育成と,豊かな未来社会の実現に貢献したいと考えています。

◆ 企業・受験生向けの沖野研成果・解説最新資料 
  「大気圧プラズマ装置の開発と高度利用 1702」を公開中です
   ダウンロードはこちらから(pdf形式, 2017.2.21更新)

◆ 2016年度版沖野研究室パンフレットを公開しています
   ダウンロードはこちらから

◆ 学生が製作した沖野研のCMを公開しています
  視聴はこちら

◆ 沖野研究室を志望される方へ
  当研究室を第1希望もしくは上位で志望される方には,個人での研究室訪問を
  強く推奨しています。訪問を希望される場合には沖野准教授までメールで
  ご連絡下さい。学内電気電子工学科の卒研配属生や次年度以降の受験生も歓迎します。
  研究内容のほか,入学後の生活や進路等のご質問・ご相談もお気軽に。

◆ プラズマに興味をお持ちの皆さんへ
  中学,高校,一般向け等の出張講義・講演等は可能な限りお受けします。
  また,企業内での講演等も日程の許す限りお受けしますので,沖野まで
  お気軽にご連絡下さい。

◆ 東京工業大学大学院に興味をお持ちの高専の皆さんへ
  東京工業大学では,全国高専での出張進学説明会,高専による団体見学会などを

  実施しています。興味をお持ちの方は,沖野までご連絡下さい。

沖野研究室ではプラズマ工学・物理・化学・電気と分光計測をベースとして,マルチガス低温プラズマ(Low Temperature Plasma, LTP)をはじめとした世界最先端の大気圧プラズマ装置の開発,単一細胞中の極微量元素分析,大気圧プラズマの医療・歯科治療応用,生体表面付着物の高感度分析,医療用排ガスの高効率分解処理,医療材料表面処理など,主に医療分野に貢献できる先端機器開発の研究を行っています。大気圧プラズマの環境・微量元素分析への応用は関西学院大学警察庁科学警察研究所産業技術総合研究所横浜国立大学中央大学北陸先端科学技術大学院大学東京薬科大学,医療・農業・表面処理等への応用は神戸大学医学部鳥取大学農学部東京医療保健大学UCLA農研機構をはじめとする大学・研究所や,多数の国内外企業と連携して行っています。


日本の研究.comのページにリンクしています。論文のpdfをご希望の方はResearchGateを,科研費の情報はKAKENを,一般的な情報はJ-GLOBAL東工大STARsearchをご覧下さい。

研究室の活動状況の写真報告です。


細田君が修論発表
(17.2.14)


堂山君が修論発表
(17.2.14)


菅原君が修論発表
(17.2.14)


平成28年度卒業シーズン打ち上げ
(17.2.14, 青葉台)


堂山君と阿部君が電気学会で研究発表
(17.2.21, 横浜国大)


掛川君がEWCPS2017で研究発表
(17.2.21, Sankt Anton, Austria)


  過去の活動状況はこちら

沖野研で開発した大気圧プラズマの写真ギャラリーです。

沖野研究室の現在と過去のメンバー一覧です。

沖野研究室では,工学院電気電子系のライフエンジニアリングコースおよび電気電子コースの学生を受け入れています。全ての大学・学部,高専等からの修士課程・博士後期課程への進学を歓迎しています。入学を希望される場合はぜひ一度見学にお越しください。また,働きながら博士の学位取得をめざす社会人ドクターの受け入れも歓迎していますので,ご希望の方はご相談下さい。進学等に関する質問・疑問についてはFAQのページもご覧ください。


講義資料等のダウンロードです。(要パスワード)

研究室メンバーのこれまでの受賞歴です。
(大臣表彰:1件,国際学会賞:16件,国内学会賞:57件,学内表彰:22件,その他:8件 全104件)

沖野研のCMビデオです。

リンク

沖野准教授のページ

東京工業大学 未来研

 神戸大学 大学院医学研究科消化器内科

 警察庁 科学警察研究所

 関西学院大学 千葉研究室

東京医療保健大学

 鳥取大学農学部附属動物医療センター

 農業・食品産業技術総合研究機構

 神戸芸術工科大学

 静岡大学 川田研究室

 産業技術総合研究所

 日本分光学会

 プラズマ分光分析研究会

 科学者維新塾御茶ノ水


他のリンクはこちら



◆ 阿部哲也君が電気学会神奈川支所研究発表会において,論文発表賞を受賞しました「ガスボンベフリー表面付着物質量分析装置の開発と夾雑物中神経剤の測定」(2017.2.21)
◆ 農研機構との研究成果が日本農業新聞に掲載されました「植物細胞プラズマ照射 タンパク質導入成功 東工大と農研機構 生育・開花調節応用も」(2017.2.21)

◆ 農研機構との研究成果がTokyo Tech Newsに掲載されました「Plasmas promote protein introduction in plants」(2017.2.15)

◆ 農研機構との研究成果が日本の研究.comのトップページで紹介されました(2017.2.15)

◆ 細田駿介君が
創造エネルギー専攻優秀論文賞を受賞しました「単一ヒト細胞分析に向けたドロプレット試料導入法ICP分析装置の開発と評価」(2017.2.14)
◆ 農研機構との研究成果が東工大ニュース/研究最前線に掲載されました「プラズマ照射により植物細胞へのタンパク質導入に成功―品種改良や開花コントロールへの応用に期待―」(2017.2.14)

◆ 農研機構との研究成果が化学工業日報に掲載されました「植物細胞にたんぱく質 プラズマ照射で導入」(2017.2.14)

◆ 東工大と農研機構から,プラズマ-植物のプレスリリースを行いました「プラズマ照射により植物細胞へのタンパク質導入に成功 -品種改良や開花コントロールへの応用に期待-」(2017.2.10)

◆ P-ion処理をした新しいマシンガンキャストサンラインから4月に発売されます(2017.1.26)
◆ 読売新聞の科学面に当研究室の記事が掲載されました「低温プラズマ 農作物殺菌 農薬不要,さび除去にも活用」(2016.12.8)
◆ 沼津高専の大石晋平君がインターンシップに来ました(2016.10.3-11.2)
◆ 科学技術創成研究院 異分野融合研究支援に採択されました「プラズマと放射線から迫る地球生命誕生のメカニズム」(2016.9.6)
◆ 相田真里さんが'16プラズマ分光分析研究会筑波セミナーにおいて
Journal of Analytical Atomic Spectrometry Poster Prizeを受賞しました(2016.9.6, 幕張メッセ)
◆ 阿部哲也君が'16プラズマ分光分析研究会筑波セミナーにおいて
優秀プレゼンテーション賞を受賞しました(2016.9.6, 幕張メッセ)
◆ 宮原秀一が特任准教授に昇任しました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします(2016.8.1)
◆ 細田駿介君が平成28年度日本分光学会年次講演会において
若手ポスター賞を受賞しました「マイクロ粒子を用いた単一細胞分析用ドロプレットICP発光・質量分析装置の評価」 この受賞で,当研究室の受賞歴が100件になりました。歴代学生の皆様,関係者の皆様に心より感謝いたします(2016.7.30, 阪大)
◆ 生体医歯工学共同研究拠点共同研究プロジェクトに4件の提案が採択されました(2016.6.24)
◆ 鎗柄直人君が第76回分析化学討論会において
若手優秀ポスター賞を受賞しました「外気混入低減を目的とした流量バランスICPトーチの開発および性能評価」(2016.5.29, 岐阜薬科大学)
◆ 相田真里さんの研究が第76回分析化学討論会の展望とトピックス -地球と人間の未来をみつめる分析化学- に選ばれました「さわれるプラズマで表面付着物を超高感度に分析」(2016.5.20)
◆ 相田真里さんが
TBSテレビ「未来の起源」に出演しました(2016.4.10, 17)


◆ 過去の研究室ニュースはこちら



沖野晃俊監修
大気圧プラズマの技術とプロセス開発
シーエムシー出版


千葉光一,沖野晃俊ほか著
分析化学実技シリーズ ICP発光分析
共立出版


大下貴也,川野浩明,小林智裕ほか著
高機能性繊維の最前線
シーエムシー出版


226-8502 横浜市緑区長津田町4259-J2-32
 東京工業大学 未来産業技術研究所 沖野研究室

 

 

 沖野准教授室
  すずかけ台J2棟13階1306号室
  TEL&FAX : 045-924-5688
  e-mail : aokino@ es.titech.ac.jp
 学生室
  すずかけ台J2棟13階1303号室
  TEL&FAX : 045-924-5689
 プラズマ実験室
  J3棟13階1320号室
  G3棟2階210号室,212号室

 沖野研究室へのアクセスはこちら